金物とフレームが作り出す、ものいう木造空間力。ロケット工法の家。

お問い合わせ・資料請求電話でのお問い合わせ:053-583-3471

ロケットの家について
ホーム > ロケットの家について > つくり手の声

永島の家(つくり手の声)

  1 / 2 続きを読む

使い込んだ道具のように愛情が湧く住宅でありたい

地震に対して、圧倒的に強いということ、構造材がそのまま仕上げ材でもいけること、そして、時間と共に、生活になじみ、使い込んだ道具のように愛情が湧く住宅でありたいと考えると、自然と『ロケット』になってしまいます。

 

ロケット工法の架構が持つ魅力を引き出した、開放的で、逞しく、それでいてゆったりした、そんな家になりました。

 

設計:縣美樹/A PROJECT建築デザイン事務所

内観
見取り図

永島の家

[ 建築概要 ]

家族構成 : 夫婦+犬 敷地面積 : 290.76
竣工年月 : 2006年7月 建築面積 : 126.00
構造規模 :

木造2階建(ロケット工法T仕様)

延床面積 :

168.00(1階/96.00 2階/72.00)

内観

内観

内観

  1 / 2 続きを読む
ページの先頭へ