金物とフレームが作り出す、ものいう木造空間力。ロケット工法の家。

お問い合わせ・資料請求電話でのお問い合わせ:053-583-3471

ロケットの家について
ホーム > ロケットの家について > 工法の種類 > ウッドワイスラーメン仕様

ハイジリッドラーメン仕様

T仕様(テラパネル) F仕様(NTSパネル) ハイジリッドラーメン仕様

ロケット工法の仕様

門型ラーメン構造により、間口の狭い敷地で、ゆとりの居住空間を実現。1階全面開放やビルトインガレージが可能となり、店舗や事務所にも大いに活用出来る仕様です。

門型耐力フレームと、専用金物で耐震性を強化

都市中心部に多い間口の狭い敷地での家づくりのために、専用の構造材と金物を特別に開発しました。間口2.0間~3.0間、奥行4.5間~7.5間に対応することができます。構造材は、240mm×150mmの通し柱、450mm×150mmの梁による大きな断面の集成材で構成した「門型耐力フレーム」、さらに通し柱の柱脚部の金物は、ハイジリットラーメン用の専用金物を用います。この大断面の集成材と金物が、新耐震基準以上の強度を誇ります。

門型耐力フレーム

1階は前面開放が可能に、ビルトインガレージもできる

専用構造材と金物が、協力な耐震性を実現、そのため、1階は前面開放が可能となりました。店舗や事務所として活用するプランはもちろん、木造で不可能といわれていた「ビルトインガレージ」も実現可能です。

ビルトインガレージ

高気密・高断熱を実現する、パワーステップを採用

より断熱・気密性能を高めた仕様「パワーステップ」を採用しました。ウレタンスプレーと気密テープで全ての隙間を塞ぎ、二重ガラスサッシを使用することにより、C値(相当隙間面積)2cm2 / m2、Q値(熱損失係数)2.0kcal / m2h℃を実現、厳しい寒さに耐える北欧使用並みの性能を発揮します。国が定めた省エネ推奨基準(熱損失係数)をクリアするとともに、24時間型換気システムを装備していますので、室内の空気環境もクリーンに保てます。性能を保証するため、必ず性能測定を行い、測定結果をお渡ししています。

技術データはこちら

ページの先頭へ