金物とフレームが作り出す、ものいう木造空間力。ロケット工法の家。

お問い合わせ・資料請求電話でのお問い合わせ:053-583-3471

ロケットの家について
ホーム > ロケットの家について > 長期優良住宅への対応

長期優良住宅への対応

2009年6月4日より、「長期優良住宅」の認定制度が開始されます。「200年住宅」とも呼ばれるこの制度と、ロケット工法についてをご案内します。

 

金物

日本の住宅の寿命は世界的にみても短いことが、かねてより問題視されてきました。作っては壊す、スクラップ・アンド・ビルドは、環境の世紀にはふさわしいはといえず、長く住める家づくりが求められてきました。そんな中、国の施策として、「長期優良住宅」の認定制度が創設されました。

 

※一般の「長期優良住宅」の認定制度と、「長期優良住宅先導的モデル事業(旧名・超長期住宅先導的モデル事業)」は、異なる制度です。違いについては、当ページ後半にてお伝えしています。

長期優良住宅とは?

平成20年12月に公布され、平成21年6月4日に施行される「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づき、耐久性、耐震性、維持管理の容易さなどについて、定められた基準をクリアした住宅に対して認定される制度です。
「いいものをつくって、手入れをし、長く大切に使える」住宅の普及に対して、国が積極的に取り組んでいます。

国土交通省:長期優良住宅法関連情報

長期優良住宅の認定基準とはどんなもの?
劣化対策
数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること。
耐震性
極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため、損傷のレベルの低減を図ること。
維持管理・更新の容易性
構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な措置が講じられていること。
可変性
居住者のライフスタイルの変化等に応じて間取りの変更が可能な措置が講じられていること。
バリアフリー性
将来のバリアフリー改修に対応できるよう共用廊下等に必要なスペースが確保されていること。
省エネルギー性
必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること。
居住環境
良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること。
住戸面積
良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。
維持保全計画
建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること。

ロケット工法と長期優良住宅

フレーム

 

認定基準を見て、何かお気づきになりませんか?
そう、ロケット工法の家は、まさに長期優良住宅の考えとマッチした住宅なのです。

躯体としつらえを別々に考える工法

Wウォール

強度・性能・公的評価

 

※「長期優良住宅」は、システム・工法に対する認定ではありません。ロケット工法の家の場合でも、個々に認定作業が必要となります。

長期優良住宅のメリットは?

最大100万円の補助金が受けられます。

「長期優良住宅普及促進事業」によって、建築費の1割以内かつ100万円を限度にした補助金が受けられます。

条件は、

 

  • ・長期優良住宅の認定
  • ・所定の住宅履歴情報の整備
  • ・建設過程の公開によって消費者を啓発

 

詳しくは、長期優良住宅普及促進事業実施支援室のサイトをご覧ください。

長期優良住宅普及促進事業

 

税制面では、以下のようなことがあげられます。

 

  • ・住宅ローンの減税の拡充
  • ・投資減税型の特別控除
  • ・登録免許税の引き下げ
  • ・不動産取得税控除枠の拡大
  • ・固定資産税減額期間の延長

 

また、性能面がはっきりしていること、維持保全計画によって維持されること等から、仮に住宅を手放すことになっても、一般の住宅より高い値段でがつくことが期待されています。

「長期優良住宅」と「先導的モデル」の違いについて

「長期優良住宅」の認定制度と、「長期優良住宅先導的モデル事業(旧名・超長期住宅先導的モデル事業)」は、異なる制度です。誤解されている方が多いため、改めてご説明します。

 

長期優良住宅とは?

「長期優良住宅」の認定制度は、2009年6月4日よりはじまる制度です。
このページで解説しているのは、この制度の内容です。
下記の「先導的モデル」とは異なり、あらかじめ提案が採択されている必要はありません。

 

要件を満たした上で、個々の住宅に対して認定を取得するかたちとなります。工法そのものへの認定制度ではありませんので、ご注意ください。

 

先導的モデルとは?

「長期優良住宅先導的モデル事業(旧名・超長期住宅先導的モデル事業)」は、その制度の普及を促進するモデルケースとなるような、先駆的なものに対して提案募集されたものです。
あらかじめ提案し、採択された事業だけが補助の対象となっています。
新築の場合、最大200万円までの補助金が受けられます。

 

「モデル事業」という名前ですが、モデルハウス用というわけではありません。「長期優良住宅」を「先導」するような「モデルケース」の住宅、ということです。一般のお客様の住宅に対しても適用されます。

 

ロケット工法の家は、「全建連」の提案した先導的モデルとして申請することが出来ます。
詳しくは、JBN 工務店サポートセンターのサイトをご覧ください。

JBN 工務店サポートセンター

 

※先導的モデルは、補助対象数、期日等に限りがあります。詳細はJBN 工務店サポートセンターのサイトにてご確認ください。

※RHS会員は、先導的モデルの申請にあたっては、施工する工務店がJBNサポートセンターに登録する必要があります。

 

※この情報は2009年5月22日時点のものです。認定条件や補助金の詳細・最新情報につきましては、国土交通省のサイトにてご確認ください。

ページの先頭へ