金物とフレームが作り出す、ものいう木造空間力。ロケット工法の家。

お問い合わせ・資料請求電話でのお問い合わせ:053-583-3471

ロケットの家について

Rocket house「杉の家」

杉の家 CUBE TERRA[テラ]

この居心地のよさは、いったい何だろう。

<軸と面>で、鉄骨と同等の強さを木造で実現

木は、湿気があるとそれを吸収し、部屋が乾燥していると、内部の水分を放散してくれます。木だけでなく、土壁も障子などにも用いる紙も、同じような性質を持っています。

 

だから、木の家は居心地がいいのです。

 

この「杉の家」は、杉材をふんだんに用いています。杉は通直で、木肌がやさしく、構造材にも造作材にもよく、もっとも人気の高い木です。

 

Rocket house「杉の家」

実例1

夫婦+子ども2人

延床面積 : 168.00 m2 (50.87坪)
1階96.00 m2 (29.06坪) / 2階72.00 m2 (21,81坪)

自然の光が溢れる、明るく広い空間を実現。

台所・主寝室にも6mスパンのラーメンフレームを用いることにより、景色をまるごと取り込んだような気持ちよさに満ちています。暮らしに豊かさを生む、伸びやかな住まいです。

実例2

夫婦+子ども1人

延床面積:94.50 m2 (28.61坪)
1階66.00 m2 (19.98坪) / 2階28.50 m2 (8.63坪)

できる限りの効率的な動線。

生活する上で、できる限りの効率的な動線を目指しました。リビングダイニングをなるべく大きく設けたいと、階段はリビングと一体化。1階北側に設けられた大きな納戸が重宝します。

実例3

夫婦+ペット

延床面積:96.00 m2 (29.07坪)
1階61.00 m2 (18.47 坪) / 2階35.00 m2 (10.60坪)

夫婦2人がゆったりとくつろげる場。

この家は、大きな吹抜けを利用して、リビングダイニングの中央上部にキャットウォークを設けました。この設置により、南面の窓も開けられます。2階の大きなワンルームには畳コーナーがあり、夫婦2 人がゆったりとくつろげる場となりました。

ページの先頭へ