金物とフレームが作り出す、ものいう木造空間力。ロケット工法の家。

お問い合わせ・資料請求電話でのお問い合わせ:053-583-3471

ロケットの家について

Rocket house「TERRA(テラ)」

杉の家 CUBE TERRA[テラ]

長寿命住宅に応える、これからの日本の家。

木工法最前線 地震に強い<Wウォール>を採用

「地震には筋交い」とはよく耳にしますが、筋交いは地震に対して一方向のみしか動きません。
それに対し、上下左右に動く<Wウォール>を取り入れたのが、「TERRA [テラ] 」です。

 

<Wウォール>とは、揺れる方向すべてに働く「構造用面材の耐力壁」と、地震によっての想定外の衝撃から建物の変形を防ぐ「テラパネルによる建物倒壊抑止壁(一種のストッパーの役割を果たす)」のダブルの壁です。

 

Rocket house「TERRA(テラ)」

実例1

夫婦+子ども2人

延床面積:120.00 m2 (36.34坪)
1階60.00 m2 (18.17坪) / 2階60.00 m2 (18.17坪)

ダブルの壁をもつ <Wウォール>

構造用合板による耐力壁とテラパネルによる倒壊抑止壁のダブルの壁をもつ<Wウォール>。
この強さをそのままに、内装化粧ムクボードの代わりに、下地用ボード(テラQボード)を使うことで、大壁仕様にすることもできます。

実例2

夫婦+子ども2人+両親

延床面積:144.00 m2 (43.60坪)
1階80.00 m2 (24.22坪) / 2階64.00 m2 (19.38坪)

豊富な収納力と便利な一直線の家事導線

玄関の奥に納戸を設けて、アウトドア用品も直接入れられるようになりました。茶の間側からも使え、便利な収納になります。キッチンと洗面の間にユーティリティーがあり、家事動線は、便利な一直線です。

ページの先頭へ