金物とフレームが作り出す、ものいう木造空間力。ロケット工法の家。

お問い合わせ・資料請求電話でのお問い合わせ:053-583-3471

ロケットの家について
ホーム > ロケットの家について > ダブルの壁

ダブルの壁<Wウォール>

ロケット工法は、ダブルの壁を持っています。

出雲大社などの社寺建築に古くから用いられてきた伝統的な「さくりはめ」工法。

<Wウォール>は、この工法を現代化したもので、長寿命住宅に応える最新の技術です。

Wウォール誕生の背景

阪神・淡路大震災を経験することにより、日本の住宅は大きく変化しました。この震災によって生じた倒壊原因の代表的なものとして、耐力壁の不足があげられました。地震によって生じる水平力に対しては、壁が抵抗要素として大きく、このため建築基準法でも細かい施工方法が定められるようになりました。

構造用面材を耐力壁に用いる

水平力は、壁全体で支えると考えるのが合理的です。ロケット工法では、専門家の間で問題とされている「一方向のみしか効かない筋交い」ではなく、上下左右の動きすべての揺れる方向に耐力を発揮する構造用面材を耐力壁として用いました。この方法なら釘打ちされた接合部は壁全体に分散されるので、大きな欠点になりにくく、仮に壁の一部が破壊されても、全体に与える影響は小さくて済みます。

地震から得た教訓は、「想定外」の衝撃発生の恐さ

問題は、構造用面材を打ち付ける釘です。
地震の衝撃を受けると、壁の合板に浮き上がろうとする力が働きます。止め付けている釘がひき抜けてしまったり、釘頭が面材を貫通したりして、最悪の場合、住宅の変形を防ぐことができなくなります。
国が定めた壁耐力の基準をクリアしたとしても、「想定外」の衝撃を受けた場合には、思ってもみない事態が出来するのが、地震の持つ恐さです。

「さくりはめ」による建物倒壊抑止壁

このいざというときに備えて設ける壁が、「さくりはめ」による建物倒壊抑止壁です。わたしたちはこれを「テラパネル」(*)と呼んでいます。この壁は、構造用面材を釘で打ちつけるやり方ではなく、柱をさくって溝を設け、そこに板をはめ込みますので、構造用面材による耐力とは別の機能を持ちます。もしも、地震によって釘が飛び、面材が滑落し、建物が傾いたとしても、溝の中で粘りを発揮します。というより、打撃を与えられる構造用面材に対し、内側から一種のストッパーの役割を果たし、破壊を抑止する効果を得られます。

構造用面材とテラパネル、2つの壁が守る

「さくりはめ」による建物倒壊抑止壁は、もしもそれをも超えるような破壊力に対しては、倒壊を抑止する最後の砦のような役割を負ってくれる壁です。
地震によるエネルギーを吸収する伝統工法に似た効果を、このパネルは発揮してくれるのです。構造用面材の耐力と、柱をさくって設けられた溝に板がはめ込むことで倒壊を抑止する備えが設けられたテラパネル。ロケット工法は、このダブルの壁をもつ最新技術を持つ家をつくります。

(*)右の写真は、唐招提寺の校倉造り。ロケットの「さくりはめ壁」は、寺社建築に使われてきたものを由来にしているので、「お寺の構造」から、「テラパネル」と名付けられました。
なお、テラ(TERRA)は、ラテン語で、大地や地球を表す言葉でもあります。

さくりはめ

テラパネルの構造

柱をさくって設けられた溝に、板がはめ込まれたテラパネル。構造用面材による耐力とは別に、倒壊を抑止する備えが設けられた、テラ内装化粧ムクボード、または、テラQボードと断熱材が一体化した壁です。

テラパネルの構造

従来の壁とダブルの壁(Wウォール)の違い

● 従来工法

一方方向にしか働かない筋かい。

従来工法

● 従来工法(合板)

面による耐力壁。

従来工法(合板)

<Wウォール>には、テラパネルの種類により2つの仕様があります。

● 化粧真壁仕様

「構造用合板による耐力壁」+「テラ内装化粧ムクボードによる倒壊抑止壁」

 

化粧真壁仕様

● 大壁仕様

「構造用合板による耐力壁」+「テラ下地用ボード(テラQボード)による倒壊
抑止壁」

大壁仕様
ページの先頭へ