金物とフレームが作り出す、ものいう木造空間力。ロケット工法の家。

お問い合わせ・資料請求電話でのお問い合わせ:053-583-3471

ロケットの家について
ホーム > ロケットの家について > ロケット工法とは

ロケット工法とは?

前のページへ 1 / 2 / 3 / 4 続きを読む

(2)「耐久性と耐用性のある工法」です。

建設作業の様子

建物は、第一に耐久性が問題です。風雨に晒され、大地の震動に耐え抜く耐久性がなければ、家は生き続けることはできません。第二に耐用性が問題です。暮らしや家族の変化に合わせて、建物内部を変えなければ、家は生き続けることはできません。つまり耐久性と耐用性の両方が大事なのです。

この点、昔の「田の字型」の家は、太い柱と梁によって構成され、耐久性に優れ、同時に間取りは襖や障子で仕切られていたので、暮らしの用に応えて自由に変化させることができました。つまり、躯体(スケルトン)と、しつらえ(インフィル)が分離していたから、昔の家は長生きすることができたのです。

建物の短寿命が伝えられるなかで、この分離に目が向けられたのは自然の成り行きでした。ロケット工法は、このことが強調されるはるか前から、そうした考えに基づき開発された工法です。

ロケット工法スケルトン

アニメーション動画(下の画像の再生ボタンを押してください)

前のページへ 1 / 2 / 3 / 4 続きを読む
ページの先頭へ