金物とフレームが作り出す、ものいう木造空間力。ロケット工法の家。

お問い合わせ・資料請求電話でのお問い合わせ:053-583-3471

ロケットの家について
ホーム > ロケットの家について > ロケット工法とは

ロケット工法とは?

前のページへ 1 / 2 / 3 / 4 続きを読む

(3)「現代の先端技術と日本の大工技術が融合した『ロケットフレーム』を持つ工法」

継手・仕口

ロケット工法では、そのフレームの軸部材に、「ムク材」(ということは、もちろん集成材でも可)を用い、接合部は、独自に開発された「ロケット金物」と日本の木構法で多用されてきた「継手・仕口」を併用します。

現代のテクノロジーや構造力学を取り入れて開発されたロケット金物と、日本の大工技術を活かしたシステムになっており、この組み合わせの明快さ、渾然一体性に、この工法の真骨頂があります。

ロケットフレームの構成

ロケットフレームは、メインフレームとサブフレームによって構成されます。メインフレームは、メイン柱(通し柱や柱勝柱)とメイン梁(大梁)をいいます。サブフレームは、サブ柱(管柱)とサブ梁(小梁)からなります。サブ梁の接合部は、ロケット金物で緊結されますが、サブ柱の柱頭柱脚は、木構法の仕口、ほぞ(*)加工によって緊結します。

ロケットフレーム

(*)ほぞ・・・
一方の材端につくる突起。他方の材にこの突起を差し込むほぞ穴をうがって両者を合わせ接合する、昔からの日本の大工技術のひとつ。

前のページへ 1 / 2 / 3 / 4 続きを読む
ページの先頭へ